トピックス

良いアオリイカ入荷してますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、鎌倉市漁協よりアオリイカ、コウイカ他入荷ありました。

 

非常に高級なイカ、アオリイカは市場では普通に見かける存在です。しかし、一般鮮魚店や量販店には並ぶことのない、すなわち「高嶺の花」的存在のイカなんです。

当市場は、東京湾、相模湾を抱えた地元漁協より水揚げされた魚たちが直接市場に集まる産地市場と、大都市横浜に日本各地から集めてきた魚を、流通させることが目的の消費地市場と言う大きな2つの特徴を持っているんです。

ですからアオリイカ一つとっても、水氷、活け締め、活かしなど様々な形で入荷されてきます。

築地市場は別格ですから比較にはなりませんが、活かしのアオリイカやコウイカが入荷する市場は珍しいと思います。

活かしは、最近平塚市漁協の2船が得意とするところで、大きな樽に入れて市場までトラックで運ばれて来ます。

昨年までは氷で締めて出荷されていましたが、最近は活けで出荷できるものは出荷時に、一手間かけてより丁寧な取扱いをこころがけているようです。

その理由は、活けモノと氷で締めたモノではセリ値に雲泥の差があるからです。

川長三晃丸の磯崎社長は、常に魚の価値を高めるためにどうしたら良いのかと考え勉強をしています。

きっとアオリイカの活かしも、試行錯誤しながら最高な状態を作り出しているんだと思います。

アオリイカやコウイカが目の前を泳いでいる姿は、市場か水族館でしか見れない特別な光景だと思います。

鮮度?!何処にも負けませんよ。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 水産のセリ場に、熊本よりブロッコリ―が出荷されました?えっ!冗談ですよ、蓋を開けたら...
  2. 最近、兎に角スミイカが気になってしょうがないんです。
  3. よく聞かれる事の一つに、「好きな魚なんですか?」と聞かれるフグ太郎君。
  4. セリ場に出向いて直ぐに、森水産の大庭さんに呼び止められて、早く写真に撮った方がイイよとアドバイスを頂...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー