トピックス

良い魚過ぎて目の毒です。アカムツ(のどぐろ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高そうなアカムツ(ノドグロ)発見。しかしキレイで本当に美味しそうです。

市場に関する仕事に従事している人でも、なかなか口にすることが出来ない超高級魚です。

筆者も正直食べたことがないので、いつかは食べてみたい魚の1つです。折角食べるのなら、旬に食べたいものですが、アカムツの旬はいつなんでしょうか?

調べてみると、産卵期が7月から10月頃なので、その前の7月から8月頃が脂が乗って美味しい説と、12月から2月の冬の方が寒さに耐えるために脂が乗って美味しいという説もあります。

1年を通じて程良く脂が乗ったアカムツは、いつ食べても美味しい魚なんですね。

本日、市場に入荷しているのは、三重県引本、和歌山県那智勝浦からの釣りモノが入荷しています。

市場の取引値は8000円/キロを下らないんでしょうね。

百貨店やデパートの店頭では、福沢諭吉でおつけは期待できないと思います。

アカムツの値段と検索していたら、面白いサイトを発見!「のどぐろを格安で手に入れる方法」皆さん興味ありませんか?

何と、ふるさと納税をして特産品としてアカムツの商品をゲットする方法なんです。

ふるさと納税自体のメリットと、10,000円以上の寄付でのどぐろの一夜干しや、のどぐろ特盛セット、のどぐろ一夜干し・のどぐろ茶漬けセットなどを選べますよ。(島根県浜田市)

総務省の回し者ではないですが、面白いこと考える人が沢山いるんだなと感心します。

IMG_9705 IMG_9759 IMG_9758

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー