トピックス

良く見てみると靴底、赤舌平目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄っぺらいカラダと、サカナとしてはかなりユニークな体型の赤舌平目が大阪湾より入荷してます。

見れば見るほど靴底。こんなカラダしてますが、定番のムニエルにすると跳びっきり美味いんです。

生で食べたらどうなのか?ネットで検索したら、無理に5枚に捌かなくても良いみたいです。

⇒刺身に挑戦する価値はあるものの、深追いは禁物です。身が薄いため、捌きに失敗すると食べるところがなくなるみたい。

やっぱり無難ところで行きましょう。

ほぼ一年中獲れ、味もあまり変化なく、白く淡泊な身であっさりした味わいのあるサカナなので、バターなどの油脂を使うことで赤舌平目の良さを引き立たせます。

顔をみると、胡麻粒みたいな円らな瞳が非常に可愛らしいです。

img_1833

サカナの目利きに、目の色艶なんて言いますが、赤舌平目を始めとするウミノシタ科のサカナでは判断不可能ですね(笑)。

そのため赤舌平目は、カラダの色艶・張り、ヒレが綺麗に整っているものをお選びください。

舌平目の皮は、とても簡単に、気持ちよく剥ぐことができるので、憂さ晴らしにも使えますよ。

昨年初めて赤舌平目を仲卸で購入して、ムニエルを作りましたが素人が作ったにしては上手にできた?と思います。

自宅で舌平目のムニエルなんて、お洒落じゃないですか?

安いサカナではありませんが、そんなに高級魚と言う程でもない舌平目。赤と黒が有名ですが、赤の方が肉厚なので食べがいがあると思います。

img_1828 img_1831

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 東京湾子安より、縞々の魚がリンゴ箱に入って入荷しました。
  2. 市場休みの前、別の記事でも紹介した長崎県対馬ブランド魚「紅瞳」。
  3. 本日の朝どれ鮮魚『追駈け』セリの1番札は不動の人気魚『平塚漁港の真アジ』梅雨...
  4. 氷の中には何がいるの?冷たく冷やされた海水に手を突っ込み中身を探ると、出てきました平...
  5. いテテテ・・・360度。

アーカイブ

市場カレンダー