トピックス

色、鮮やかな魚体、アカハタ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハタ(羽太)と言えば、高級魚クエを連想する人は沢山いると思います。

今日は、小笠原産のアカハタを紹介します。

見た目、とてもキレイな魚ですが、見た目だけでなく、味も絶品な素材です。

獲れる海域によって同じ赤色でも少し違うようです。(鮮魚課五十子社員談)。

アカハタはスズキ目、ハタ科、マハタ属の魚で、決して身は赤くありませんよ(笑)。

透き通った綺麗な身質で、もし刺身で食べるのであれば、歯ごたえが抜群にいいので「薄く」切った方が良いようです。

山葵醤油もいいのですが、もみじおろし、ポン酢で食べても美味しいです。

頭と骨も良い出汁を楽しめますので、アラ汁、みそ汁、煮付けに利用できますよ。

セリ場に置いてあっても、直ぐに売れてしまう理由が調べて分かりました。

IMG_5363 IMG_5367 IMG_5369

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー