トピックス

若いほど値が高い、コノシロ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種課のセリにレギュラーメンバーのごとく登場している魚コハダ、もといコノシロを紹介します。

コノシロは、出世魚で成長とともにシンコ(新子)、コハダ(小鰭)ナカズミ、コノシロと呼び名が変わります。

この魚、とても珍しいことに小さいほど価値が高いんです。シンコの初物には、1kgあたり数万円の値が付くこともあります。

シンコ、コハダを酢〆したものは寿司種として珍重され、江戸前寿司では欠かせない存在です。

下ごしらえの加減で風味が大きく変化し、小型で身が薄く包丁で上手に捌くことが難しいことから寿司職人の技量を計る魚とも呼ばれています。

寿司種以外では、酢漬けに加工されたものが一般的で、正月などに流通する粟漬けもコノシロ(コハダ)の酢漬けです。

成魚の旬は、秋から冬の今の時期ですが、小骨が気になるとの理由で敬遠がちですが、白身で旨味の強い味わいは、新子にも勝るとも劣らないものがあるそうです。

コノシロは元来縁起のよい魚で、コハダの粟漬けは、出世魚のコハダを使い、黄色はクチナシで染めた粟で、五穀豊穣を願っています。

おせちに「コハダの粟漬け」いかがですか?

IMG_6765 IMG_6553 IMG_6971 IMG_7018コハダ IMG_6832 IMG_6750

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー