トピックス

茹でていないのに真っ赤なトゲズワイガニ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活ズワイガニが入荷していますが、茹でガニでもないのにやたら赤い。紅ズワイガニかと思い調べたら、何となく違う感じ。

特種相対課、北村社員に聞いたら、トゲズワイと言う種類とのこと。早急にネットで調べてみました。

ズワイガニには、何と5種類の仲間がいるそうです。

まずは、一番有名なズワイガニ、次に、ズワイガニよりも深い海に生息する紅ズワイガニ。そして日本では北海道沖のオホーツク海にしかいないオオズワイガニ、ベーリング海の水深50メートルから1900メートル辺りに生息しているミゾズワイガニ。

最後にアラスカ州近くのベーリング海、水深90メートルから3000メートルの海域に生息しているトゲズワイガニです。

なぜ「トゲ」の名を冠しているかというと、甲羅の周囲がところどころ尖っているためで、甲羅にトゲがあるズワイガニということで、トゲズワイガニと呼ばれています。

意外にも楽天市場にボイルのトゲズワイガニが出品されていました。1キロ当たり2000円ぐらいの売値です。

肝心の味ですが、ズワイガニと紅ズワイガニの中間にランクされるポジションに位置すると言われていますが、実際食べ比べていないので、コメントしずらいですね。

アメリカでの消費が多く、今まではあまり日本では消費されてなかったカニですが、ロシアの輸入量の縮小から今後は入荷量が増えて行くかもしれないですね。

IMG_9143 IMG_9159 IMG_9177 IMG_9178 IMG_9179

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー