トピックス

葉っぱは擬態?マツダイ(松鯛)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はかなりレアな魚が入荷しました。見るからに古代魚?いいえ葉っぱですか(笑)?

なんて言う魚か皆さんご存知でしょうか?

正解は、マツダイ。漢字で書くと「松鯛」です。

スズキ目(モク)マツダイ科に属する魚で、その姿形から、クロダイ、タカノハ、ハッパなどと呼ばれています。

また英名はTripletail(トリプルテール)、尾鰭が3つあるように見えることからこの名がつけられたようです。

本種は、宮城県石巻に本社を置く㈲マルサイ西條水産より出荷されてきました。

定置網漁で生きた状態で水揚げされ、活け締めされていました。

このマツダイの体色は茶褐色から黄色で、成長するにつれ黒っぽくなります。

今日入荷した本種は体色、体長から判断してまだ幼魚です。

成魚はなんと体長80㎝を超えるほど大きくなるそうで、古代魚のシーラカンスを彷彿させる存在です。

食べたらどうなの?

白身の魚なので、淡泊で上品な味わい。

するとお決まりですが、ムニエルやボワレなどバターや小麦粉などを使用したお洒落な西洋風料理がお勧めです。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー