トピックス

葬式鯛は気の毒な呼び名ですね、ヘダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課五十子社員のセリ場に、口をへの字にして機嫌が悪そうな魚を発見しましたヘダイです。

 

真鯛を頂点とするタイ科に属する、タイ科本家筋の魚です。

ヘダイは漢字で書くと平鯛、体形が平たく側扁している外見や、口がへの字であることにその名の由来されています。

鯛と言うと、ほとんどの人がお目出度いイメージと赤色のイメージをもっているんじゃないでしょうか。

ちょうどセリ場にエビスダイやキンメダイなど、タイ科本家筋じゃないあやかりタイも色は赤色です。

 

しかし、ヘダイの体色は銀白色に黄色の細かい縦縞、キレイですけど滋味ですよね。

和歌山県串本町では赤くない鯛なので葬式に使えるため、ソウシキダイ(葬式鯛)と呼ばれているそうです。

ちょっと扱いが可哀想ですね(涙)。

しかし、同じ滋味色のタイ科クロダイに比べて、ヘダイは上品・気品ある光沢です。

そして味の方も、真鯛と比べても美味しいし、何と言っても価格が真鯛よりも安いことがポイント高いです。

厳かな不祝儀の場でも、鯛としての役割を重要に全うしているとヘダイ。

平塚市漁協の定置網漁でも入荷があります。

スーパーや鮮魚専門店でヘダイを見かけたら、是非購入してもらいたい魚です。

筆者も試しに、是非食べてみたいです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー