トピックス

虎穴に入らずんば、オニオコゼを得ず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

珍しい状態で富岡より活けのサカナが入荷しました。オニオコゼです。何が珍しいって見るも無残、棘のある背鰭と尻鰭が剥ぎ取られています。

魚が好きな人だったらここで敢えて話すことはないんですが、このオニオコゼの背鰭、尾鰭の棘には毒を有しているため、事前に出荷時に処理が施されているんです。

オニオコゼの毒腺のある棘に刺されると即座に激痛に襲われ半日から1日中のたうち回ることになります。患部は熱を持ち赤くもしくは紫色に変色し腫れます。重症になると呼吸困難や心臓衰弱まで起きる可能性もあるそうです。

名前の由来ともなっている外見が鬼のように酷く奇妙な風貌で誰も相手にされないのかと思ったら、市場での評価も高い超高級魚です。(可食部が少ないので余計です)

虎穴に入らずんば虎子を得ず、危ない橋も一度は渡れの諺のように、危険を避けていては大きな成功も有り得ないこと。誰が一番最初にオニオコゼを食べたんでしょうかね。

年間を通じて入荷されるオニオコゼ、味は絶品。白身はコリコリとした歯ごたえと旨味があり、皮もゼラチン質たっぷりで夏に美味しいフグと同列に賞されています。

小さめのものは唐揚げやアラ汁に入れると良い出汁を味わえるんです。筆者的には一度飼ってみたい可愛い愛嬌のあるサカナです。

img_3004 img_3005 img_3002img_3010

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー