トピックス

規格を変えて生筋子登場しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと嫌な雰囲気ですね。

当初より予想はされていましたが、秋鮭の入荷が少ないですね。

そして、副産物?いや主役の鮭の卵=生筋子も当然入荷量は少なく、非常に高価です。

生筋子の相場は、出始めは卵の粒が小さ目で皮が柔かいため安めでスタートします。

一般的に魚の価格は、漁獲量が増えてくる時期になると、価格は安くなるんですが・・・・・。

生筋子の場合、鮭の漁獲が増えて生筋子の数・量が揃ってくると価格が上昇して行くんです。

その理由は、イクラ加工業者が生筋子を原材料として買い付けに入るため、どんどん高くなってしまうそうです。

聞くところによると、現在1㎏当りの相場が6,000円程度。

この価格が市場価格ですから、エンドユーザーが購入する価格を想像するとちょっと恐ろしいですね。

そんな情報・状況を素早く察知したのか、早くも出荷規格を変更しているモノを発見しました。

一般的に箱に3kg入れと言う規格が普通なんですが、北海道根室市㈱高岡商店より1㎏入れ箱が登場です。

北海道沖、特、特です。

これだったら、1箱買えるかな?

1㎏で生筋子4腹、1腹250gで1,500円。う~ん、高いな!

到底、仲卸店舗で買ったら1腹2,000円でも購入できないでしょうね。

このままだと今年は、手作りイクラ醬油漬はお預けかな。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー