トピックス

貝がやたらと元気です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく陽気がいいせいか、入荷している貝が元気がいいです。

アサリもウチムラサキ、白ミルガイも目一杯象の鼻のような入水管、出水管を伸ばし、シッタカは箱から脱走です。

二枚貝にはキチンと前と後ろがあるんですよ。象の鼻みたいな入水管、出水管がある方が殻の前、そしてベロ~ンと下みたいな足が出ている方が殻の前なんです。

アサリなどの二枚貝には呼吸、摂取の際、入水管を伸ばして新鮮な海水を取り込み、エラ呼吸をすると共に海水中の植物プランクトンや浮遊有機物をエラでこし取り、口に運んで食べている。

そしてエサとなる物質以外の物や必要以上の食物を体内に取り込んでしまった時にはそれを粘液で固めて出水管から殻外に出す。これを「偽糞(ぎふん)」と言います。

このような呼吸、摂食の仕組みからアサリは濾過摂食者と呼ばれ、水質の浄化作用を持つことが期待されています。貝は生きたポンプです。

キレイな水も汚い水も全て取り込むため、毒素を溜め込むことがあります。そのため生で食べるカキなどは食べ過ぎ注意とされています。

ホタテやタイラ貝など、貝柱だけを食べるものは比較的安全です。

IMG_3854 IMG_3853 IMG_3869 IMG_3870 IMG_3893

追伸

タイラ貝の中に可愛らしいエビが住んでいましたよ。どうやら、テナガエビ科のカクレエビのようです。

ほとんどがオス・メスのカップルで住まいとしているそうです。

IMG_3892 IMG_3898

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー