トピックス

貝好きにお勧め、オオミゾガイ(大溝貝)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マテガイにしては貝殻がデカイ!

発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調べてみました。

すると、どうやら貝好きには堪らない存在のようです。

正式名称は、オオミゾガイ(大溝貝)。

東北以北アラスカに生息する貝で、今日は北海道の襟裳より出荷されてきています。

撮影のために海水に手を突っ込むと、あまりの冷たさにビックリでしましたが、生息地を知って納得です。

そして、ネットで調べてビックリしたことがもう一つ。

外見はマテガイのようですが、貝を捌いてみるとトリガイのような足が出てくるそうです。

そうこうしている間に、貝扱い(各種貝の捌きが違います。)が当市場でも得意な仲卸伊勢勝片山社長に買われて行きました。

(片山社長の捌いた貝は、お寿司屋でそのままネタとして使われています。=お魚捌き方教室の先生)

片山社長にオオミゾガイはどんな貝なのか質問すると、トリガイよりも肉厚で、味はホッキ貝と本ミルに近い味で、兎に角美味いそうです。

ただ貝付の場合、高い確率で砂を噛んでいるので、砂抜きをはじめ食べる前の一手間、下準備が必要な貝だと注意されました。

下処理済みで、後は食べるだけのモノもあるようです。

筆者のような面倒臭がりには、買ってすぐに食べれるモノがいいですね。

俄然、オオミゾガイに興味が湧いてきました。

機会があったら、是非とも食べてみたいです。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日は昨日と一転して雨、そして真冬と思うくらい寒い。
  2. 100キロオバーの『大間のマグロ』が入荷!延縄漁で漁獲された「本マグロ」立派な釣針が...
  3. 昨日は市場が休み、休市日と市場関係者は呼んでいます。
  4. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  5. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...

アーカイブ

市場カレンダー