トピックス

赤い足がちらり、今が旬のスダレガイ食べてみてちょ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと見慣れない貝が特種相対品課石川社員のセリ場に、高く積まれています。

アサリでもなくバカガイでもない、あなたはいったい何者?

石川社員に聞いて、発泡のケースを見回すと、蓋にちゃんと明記されていました愛知県三河産スダレガイです。

正直、筆者知りませんでしたが、よく見ていると貝の中に赤い足をベロ~ンと出しているものがおり、まるでバカガイ(アオヤギ)のようです。

そしてその姿から、別名アオヤギやジョロウガイ、ヒメガイ、アカガイなどと呼ばれているそうです。

貝の味の方ですが、甘みが強く濃厚な味わいがセールスポイントで人気があるそうです。

ただ、アサリやハマグリのようにまとまって獲れないため、ほとんど流通しない貴重な貝です。

どうしても興味本位で取引値を確認してしまうのですが、楽天市場のサイトに愛知産スダレガイが1㌔2,490円(税込、送料別)でアップされていました。

市場での取引値は、おおよそ1/3くらいと考えれば妥当かもしれません。

鮮度が良ければ、生食・刺身もOKですが、ほぼ使い方はアサリと同じで、酒蒸しや焼き、味噌汁、お澄ましなんていいですね。

春が旬のスダレガイ、是非食べて下さい。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週、生筋子を紹介しましたが、親もセリ場で発見しました。
  2. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  3. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  4. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  5. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。

アーカイブ

市場カレンダー