トピックス

赤と黒のコントラスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、セリ場で見つけた赤と黒の鯥、アカムツとクロムツを紹介します。

鯥と呼ばれる魚は3種類あり、ムツ(本ムツ)、クロムツ、アカムツ(ノドグロ)です。

表題の2種類ですが、クロムツがスズキ目ムツ科ムツ属、対してアカムツはスズキ目ホタルジャコ科アカムツ属の魚で、色だけでなく異なる種類の魚です。

生息域も異なり、クロムツは北海道南部から駿河湾、新島にかけての太平洋沿岸域水深200メートルから700メートルいわゆる深海魚ですね。

アカムツは北海道以南の日本近海、朝鮮半島南部から台湾北部の東シナ海に水深100メートルから200メートルに生息しています。

クロムツ、アカムツともに共通していることは、栄養価に富んでいることでタンパク質、脂肪分が多い魚で、カルシウムの吸収を助けるビタミンDと動脈硬化やガンを抑制するビタミンA、細胞を若々しく保つビタミンEも豊富に含んでいます。

また、血液中の中性脂肪やコレステロールを抑え、高血圧を抑制するDHA、EPAも豊富に含んでいます。

そして極め付けは、美味しいですが高級食材であり、一般家庭の食卓に並ぶことは「まれ」ですね。

「銀ムツ(メロ)」くらいは口にすることはできますが、所詮あやかり「ムツ」止まりですね(笑)

IMG_0787 IMG_0801 IMG_0073 IMG_0071


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー