トピックス

赤と黒の競演、アカムツとクロムツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと無理のあるタイトルですが、許して下さい。

和歌山県那智勝浦町より出荷されたアカムツ(ノドクロ)とクロムツ。

ちょっと値段気にならないですか?

アカ、クロともに高級魚なんですが、今日のアカムツは桁違いです。

鮮魚課五十子社員に聞いたら、キロ当たりアカムツは樋口一葉が1人では全然足りないそうです。

img_2262 img_2261

因みにクロムツは、紫式部(沖縄の守礼門)に少し足せば良い値段だそうです。

img_2263img_2264

和歌山県那智勝浦は、熊野灘に黒潮が流れ込むために穏やかで、地形は入り江が入り組んだリアス式海岸。

複雑な地形に、紀伊山地からのミネラル豊富な海水が入り込み、とても豊かな漁場を形成しています。

アカムツは、漁獲量がそれほど多くないので市場での取引値は高値安定だそうです。

さて皆さんは、赤と黒どちらを選ばれますか?

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー