トピックス

赤なの白なのダルマイカ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立秋が訪れましたね。今が暑さのピーク。

台風接近中のため、明日以降は通過地域の魚は入荷少なくなりそうですね。

深夜でも暑い、暑い中、2号物品のダルマイカ(ケンサキイカ)やマナガツオ・カマスなどが搬入中。

中でもダルマイカは暑い空気に触れると白くなってしまうため、セリ直前にフタを開けます。

ダルマイカ(ケンサキイカ)は水揚げ直後は、白色(透明)で出荷直後は鮮やかな赤色、その後空気に触れてくるとだんだん白くなり、最後はくすんだ赤色になります。

白イカ・赤イカと呼ばれる所以はここから来ているそうです。

2度赤と言うそうです。鮮度を教えてくれる、魚ですね。

セリ風景

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー