トピックス

赤貝は外国産が大活躍してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特種相対品課のセリ場には、美味しいモノの宝庫です。

寿司ネタに欠かすことができない貝類。

サザエやツブ貝に混ざって、開きになったり、活けの状態だったり、様々な顔で出荷されている貝がいます赤貝です。

今の時期の赤貝は、産地による多少の月ずれはあるものの、一般的には「産卵期」当たる時期に当たります。

そのため、西日本では5月頃から6月にかけて、三陸辺りでは7月から8月頃の2ヶ月間は禁漁になってしまいます。

国産の品薄のピンチを救ってくれるのが外人助っ人、外国産の赤貝なんです。

 

ニーハオ(你好)中国、

アニョンハセヨ韓国からの赤貝は、既に広く認知されています。

今日は、ズドラーストヴィチェ!ロシアからも輸入されています。

営業一部渡部次長にロシア産の赤貝はどうなのか?と聞いてみました。

業務用ではロシア産も良く使われており、助っ人としては重要な役割を果たしているそうです。

仲卸伊勢勝の店舗に行けばロシア産赤貝あるなと思ったら、サンプルで剥いたものが並んでいました。

赤貝は輸入モノが90%、国産はわずか10%だそうです。

いつでも美味しい赤貝が食べれるのも、外国産助っ人のおかげです。

わずか10%の国産赤貝の最高峰が宮城県閖上産で、1個の赤貝で500円以上もする高価で稀少な食材です。

産卵が終わり、再び身がプリッと太って晩秋まで暫くは、輸入赤貝を堪能して下さい。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. コンスタントに、北海道からサンマ入荷してます。
  2. 梅雨が明けるまであんなに暑かったのに・・・・、今年は完全に冷夏です。
  3. 4日ぶりの水揚げになった、平塚漁港・朝どれ鮮魚『追駈け』入荷情報をお知らせする黒板には・・・...
  4. すぽーーーーーーん!!ぼらジローの奴め・・・今度はホズミンと楽しそうに絡みや...
  5. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー