トピックス

赤魚とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイスランド最大の水産会社「HB Grandi社」の冷凍赤魚が入荷していました。

冷凍課の平野係長にいろいろ伺いました。

赤魚とは輸入のメヌケ類の流通上の名称です。

現在市場で流通されている赤魚は

  • sebastes mentella チヒロアカウオ
  • sebastes marinus モトアカウオ・ゴールデンレッドフィッシュ
  • sebastes alutus アラスカメヌケ

以上の3種類が市場の主力商品との事です。

何の赤魚かは、原料外箱に印字されている表記でわかる様になっています。

入荷していた、アイスランド産の赤魚は漁獲してから、ヘッドカット・凍結・箱詰めまで船上で行い、日本では主に赤魚粕漬けの原料になるとの事でした。

写真をクリックすると、大きな画面で見れます。

※英語表記の下はロシア語で同じ内容になっています。

IMG_1751 IMG_1750

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー