トピックス

赤魚とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイスランド最大の水産会社「HB Grandi社」の冷凍赤魚が入荷していました。

冷凍課の平野係長にいろいろ伺いました。

赤魚とは輸入のメヌケ類の流通上の名称です。

現在市場で流通されている赤魚は

  • sebastes mentella チヒロアカウオ
  • sebastes marinus モトアカウオ・ゴールデンレッドフィッシュ
  • sebastes alutus アラスカメヌケ

以上の3種類が市場の主力商品との事です。

何の赤魚かは、原料外箱に印字されている表記でわかる様になっています。

入荷していた、アイスランド産の赤魚は漁獲してから、ヘッドカット・凍結・箱詰めまで船上で行い、日本では主に赤魚粕漬けの原料になるとの事でした。

写真をクリックすると、大きな画面で見れます。

※英語表記の下はロシア語で同じ内容になっています。

IMG_1751 IMG_1750

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー