トピックス

走りの走りかな?ハタハタ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し季節はずれな感じですが、よくよく調べてみるとそんなに驚くことではない。もしかしたら走りものかもしれないハタハタが入荷しています。

ハタハタで有名な秋田では、漁期が11月末から1月にかけてで、ブリコ(ハタハタの卵)を持っている雌が珍重され旬とされています。

一方、鳥取など山陰では漁期が9月から翌年5月あたりまでで、産卵前の脂がのった3月から5月が旬とされ、「シロハタ」と呼ばれています。

本日入荷している北海道白老では、主に水揚げされるのが8月から12月の期間で98%近くを漁獲しています。

ハタハタは以前は獲り過ぎて個体数が激減しましたが、北海道をはじめ各地で資源管理計画の策定、人工産卵、孵化への取り組みがなされています。

筆者の個人的意見ですが、ハタハタは魚食の入門的な魚だと思います。

ウロコがなく内臓も少ない、加えて白身でクセがない。そしてとても骨が身から離れやすく、食べていて骨が喉に刺さる心配もありません。

簡単美味しくできる一夜干しは、絶対お勧めですよ。

IMG_6795 IMG_6796 IMG_6794

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー