トピックス

躊躇せず食べてみれば、新しい食の世界が広がる事は間違いなし!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ人秘技「拝み倒し販売」

最後の奥の手・・・

若手のホープが頭を下げれば、仲卸さんは無下に断らないのが魚市場の素敵なところ・・・

ところで「最後の奥の手商法」まで使い、難儀な商材とはいったいなんだったのでしょうか・・・?

外箱表記には・・・

ウナギ!?・・・では無く・・・

千葉県産ヌタウナギ入荷。

セリ場で見かけることは、ほぼ無かった「目新しい商材」

ウナギのようでウナギでは無い、ヌタウナギ。

ウナギにはある「アゴ」が無く、眼も退化した独特な姿。

 

仲卸さんいわく、アナゴの筒漁で漁獲される事があり、

アナゴと一緒に筒の中に入ると、大量の粘液を出し酸欠でアナゴが死んでしまう厄介者。

しかし、韓国では「コムジャンオ」と呼ばれ、家庭の味との事。

なぬ。旨いのか!?

それでは・・・さっそく試してみましょう。

まずは、ヌタウナギを水道水で洗い・・・

首の根っこに包丁を入れると・・・

皮をキレイに剥がせます。

ムキサメのような、弾力があるピンク色ですね。

内臓を取って、一口大に切れば、あっという間に下ごしらえ完了。

今日は韓国風に味付け。

フグ太郎君の推薦はコレ。

桃屋さんのキムチの素

フライパンでヌタウナギとキムチの素を炒めれば・・・

韓国風ヌタウナギ炒めの完成。

一口頬張れば、ホルモン焼きの様なジューシーな旨味が広がり、キムチの辛みとコクが絶妙に絡み合い、いくつでも食べれてしまう驚愕のレシピ・・・

人気に火が付けば・・・仲卸さんから「逆拝み倒し」来るかな・・・

躊躇せず食べてみれば、新しい食の世界が広がる事は間違いなし!?

ヌタウナギおススメですよ~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー