トピックス

輪島の海女素もぐり、魅かれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輪島の海女素もぐり”天然岩かき”ネーミングに魅かれます。石川県漁業協同組合のHPを検索したら、ありました輪島海女の漁。

輪島の海女による伝統的素潜り漁技術は、一昨年の6月20日に「石川県無形民俗文化財」に指定され、あわせて「輪島の海女保存振興会」が「いしかわ里海の至宝」に認定されていました。

全国に1万人いた海女は、この30数年で2000人弱になり1/5に激減したが、輪島の海女は10数年以上も前から200人前後を維持し、400年以上も前から続く「伝統的海女文化」を継承しているそうです。

夏が旬の岩ガキですが、冬に岩ガキを見かけないのには理由があります。
岩ガキは、養殖が盛んなマガキと違い、そのほとんどが天然もの。つまり、海女さんや漁師が海に潜って獲らないといけません。そのため、冬は漁ができず、市場に出回らないのです。

大量生産が出来ない分、価格はマガキの3倍以上することも少なくないのですが、その分粒は大ぶりで濃厚な味わいです。

(殻付カキは、マガキで1個120~150円、岩ガキは1個380円くらいします。)

殻付岩ガキは、マガキに比べてカキ剥きを入れる場所の判断が難しく、貝殻が気持ち頑丈です。しかし、キレイに貝柱に当たりパカッと開くと気分は爽快、カキ自身もぷっくりと太って大きいので、1個だけでも食べた気がします。

岩ガキにも名産地が沢山あり石川県の能登、秋田県の象潟が有名で、最近は佐賀県の有明、長崎県の五島列島なども美味しい産地として挙げられています。

カキの味は産地によっても異なるので、是非食べ比べしてみて下さい。

IMG_4765 IMG_4766 IMG_4768 IMG_4764

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー