トピックス

追っ駆けに美味しさの秘密。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、平塚市漁協に水揚げの現場を見にいきました。

3時30分過ぎに活けモノだけを積んだ漁船が帰港。続いて日海丸が平塚新港に戻ってまいりました。

ダンベに新鮮な魚達が、目いっぱい入って水揚げです。

日海丸の定置網が仕掛けられている漁場は、平塚新港より比較的近場にあるそうです。

そのせいか、水揚げされているアジ、サバは、ダンベの中でピチピチと元気よく動いています。

漁業は自然相手の仕事なので、当然日々釣果は違います。

いつもはマサバとゴマサバが混入してますが、今日はマサバ中心。

アジも根の付きアジなのか、金色・黄金色のアジが多く含まれています。脂も乗っていて、魚体も丸々して美味しそうです。

追っ駆けの魚が美味しいのは、やはり鮮度が高いから。実は、それだけではないんですよ。

実際に現場を見て感じたのは、どの漁師も同じだと思いますが、獲った魚を1匹1匹大切に扱う気持ちも込められていると思います。

IMG_7144 IMG_7133 IMG_7165 IMG_7167

追伸

アジを数匹頂いたので、なめろうに挑戦してみました。

アジを三枚に下ろしましたが、身がプリプリで腹骨付近に脂がついていました。

なめろうは、好きな薬味のみじん切りと味噌、そして新鮮なアジだけあれば簡単に出来ますよ。

IMG_7190

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 可愛い奴がセリ場にいました。湘南の海にはお馴染みのショウサイフグとシロサバフグです。
  2. 今日は、当社が水産物卸売業故に見ることが出来る光景を紹介します。
  3. またもや、大阪湾よりボラが入荷しました。
  4. 昨日は折角の休日なのに珍しく曇天、海は時化て、俄かサーファーは海に入っても波に乗れずじまい(笑)。
  5. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。

アーカイブ

市場カレンダー