トピックス

追っ駆けに美味しさの秘密。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、平塚市漁協に水揚げの現場を見にいきました。

3時30分過ぎに活けモノだけを積んだ漁船が帰港。続いて日海丸が平塚新港に戻ってまいりました。

ダンベに新鮮な魚達が、目いっぱい入って水揚げです。

日海丸の定置網が仕掛けられている漁場は、平塚新港より比較的近場にあるそうです。

そのせいか、水揚げされているアジ、サバは、ダンベの中でピチピチと元気よく動いています。

漁業は自然相手の仕事なので、当然日々釣果は違います。

いつもはマサバとゴマサバが混入してますが、今日はマサバ中心。

アジも根の付きアジなのか、金色・黄金色のアジが多く含まれています。脂も乗っていて、魚体も丸々して美味しそうです。

追っ駆けの魚が美味しいのは、やはり鮮度が高いから。実は、それだけではないんですよ。

実際に現場を見て感じたのは、どの漁師も同じだと思いますが、獲った魚を1匹1匹大切に扱う気持ちも込められていると思います。

IMG_7144 IMG_7133 IMG_7165 IMG_7167

追伸

アジを数匹頂いたので、なめろうに挑戦してみました。

アジを三枚に下ろしましたが、身がプリプリで腹骨付近に脂がついていました。

なめろうは、好きな薬味のみじん切りと味噌、そして新鮮なアジだけあれば簡単に出来ますよ。

IMG_7190

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 朝日が眩しい早朝6時。
  2. 春らしい初物が入荷しています、サクラエビです。
  3. 今朝セリ場に行くと、真っ先に鮮魚課五十子社員から「しょらさん鰹」入荷したよと声をかけられました。
  4. 桜の開花と共に、相模湾も活発になって来た事が感じられた本日の追駈け。
  5. かなりいい魚体、そして色艶がイイ魚。

アーカイブ

市場カレンダー