トピックス

追っ駆けはスピード勝負

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚、鎌倉からの朝網追っ駆けを紹介していますが、どの様にしているのか少し紹介します。

まずは準備ですが、沢山の魚たちを積んだトラックが到着するや否や担当はもとより、手の空いた社員も荷の積み下しを行います。

荷を整理するもの、活け物の発砲スチロールを準備するもの、魚の目方を量るもの、誰に指示されることなく阿吽の呼吸で作業は進められます。

そしてセリの時間を迎えます。今日も沢山の新鮮な魚たちが入荷し、セリも大盛況でした。

IMG_2785IMG_2817 IMG_2804 IMG_2801 IMG_2799


 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー