トピックス

追っ駆けはスピード勝負

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚、鎌倉からの朝網追っ駆けを紹介していますが、どの様にしているのか少し紹介します。

まずは準備ですが、沢山の魚たちを積んだトラックが到着するや否や担当はもとより、手の空いた社員も荷の積み下しを行います。

荷を整理するもの、活け物の発砲スチロールを準備するもの、魚の目方を量るもの、誰に指示されることなく阿吽の呼吸で作業は進められます。

そしてセリの時間を迎えます。今日も沢山の新鮮な魚たちが入荷し、セリも大盛況でした。

IMG_2785IMG_2817 IMG_2804 IMG_2801 IMG_2799


 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  2. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  3. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  4. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。
  5. えっ!?何が『格上げ』だって!?盛り上がってきたからね~...

アーカイブ

市場カレンダー