トピックス

追っ駆け夏のオールスター戦2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月16日に横浜スタジアムでオールスター戦が8年ぶりに開催が決まりましたが、

一足早く、追っ駆け夏のオールスター選手が魚市場に集合。

 

不動の人気魚、アジ・サバを始め、仕上がり絶好調のスズキ、待望の平子イワシ・高級魚No1の1キロアップの活イサキ、他にもサワラ・太刀魚・ワカシ・カマス・ヒラメ・真鯛・・・今日の追っ駆けは魚種が豊富でした。

そんな魚種が豊富であった今日の追っ駆けの中で、フグ太郎一押し選手は、大型助っ人選手・黄肌マグロです。

 

黄肌マグロでもキメジと呼ばれ、23キロ近くあっても若魚。大きく育つと150キロにもなるとか。

魚体は黄色掛かっていますが、身はピンク色の赤身で夏の今が旬。

夏のこの時期、稀に追っ駆けで入荷してきます。

球宴ならぬ、魚宴はいつまで続くのでしょうか。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー