トピックス

醤油顔の方三、正式名は「ハガツオ」(歯鰹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は、気温20℃を超え、穏やかな朝。

日の出がとても綺麗でした。

セリ場では、仲卸金一坪倉商店の坪倉社長がカメラを片手に、横浜魚市場卸協同組合の魚市場コラムのネタ探しに奔走中でした。

私は素人ですから、魚の目利きのプロである当社社員の言葉を参考にして、自分の目で見て美味しそうな魚や、実際に自分が捌いたり、料理したことで、是非食べたいと思う珍しい魚、興味のある魚をこれからも紹介したいと思います。

今日は、セリ場で見つけたハガツオを紹介します。

発泡の箱に「方三」と示されていたのですが、カツオなの?と目を疑い、鮮魚課佐藤社員に質問。

すると、これはキツネだと言われ、身がカツオとは違い白濁したピンク色で美味しいよとのこと。

おさかなマイスターの宮島社員からは、ハガツオ=歯鰹は、歯が犬歯状で鋭いことから、その名の由来があると聞き、少し口を開けて確認しました。

カツオとの違いは顔だけではなく、縞模様もカツオが腹側にあるのに対して、ハガツオは反対の背側にあります。

ハガツオは、サバ科に属する魚ですので、鮮度が落ちやすい魚です。

新鮮なうちは、ピンク色で柔らかい身を楽しみ、少し時間が経ったものは火を通した塩焼き、唐揚げ、煮付けでお召し上がりください。

IMG_3261 IMG_3262 IMG_3257 IMG_3287

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー