トピックス

金目のものを釣るなら真鯛か伊佐木(イサキ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、今が旬、イサキを紹介します。

表題の格言は、大阪地方の釣り人言葉で、魚の値段は季節や漁れ高で変動するが、平均して高値で取引されるのが真鯛。

イサキも真鯛と同じ高値で取引されることから金になる魚を釣れと言う格言です。

イサキは、今の時期が旬であることから「麦わらイサキ」という別名もあり、幼魚は体側の上半分に黄色の縦縞があり、イノシシの子に似ることから瓜坊とも呼ばれています。

体表は細かな鱗に覆われ、ちょっと触ってみましたが、ザラザラしていて鮫肌に匹敵する位です。

水揚げされたイサキは、目が濁りやすいので目の濁り具合は鮮度の判断基準にならないそうです。

イサキの身質は白身ですが、真鯛よりも柔らかく脂肪もあるそうです。

ビタミンA、良質の不飽和脂肪酸を多く含んだからだに良い食材です。

白身魚なので、基本的にどんな調理方法にも対応可能ですが、磯臭さが気になる場合は、カルパッチョ等も良いですね。

IMG_5668 IMG_5657IMG_5237 IMG_5556


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー