トピックス

金華サバ入荷しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃から市場のみならず、スーパーでも目にするサバですが、いわゆるブランド魚で有名なものが、日本国内でいくつかあります。

地元神奈川県では松輪のサバ、大分県の関サバ、愛媛県の岬サバ、そして今日紹介する宮城県の金華サバです。

金華サバとは、三陸の中でも黒潮と親潮が混ざり合う最も良質な漁場「金華山沖」の豊かな海で獲れたサバを「金華」サバと言い、石巻魚市場を中心に地域ブランド化事業として設けられたものです。

ただ、金華山沖で獲れただけでなく、厳正なブランド基準と買受人の厳しい目で選ばれたサバのみに金華サバという栄えあるブランド魚の称号が与えられるそうです。

金華サバの基準は、旬の大型のマサバです。サバの旬は夏と勝手に思っていましたが、ゴマサバは夏、マサバは晩秋(10月~11月)の秋サバと12月~翌2月頃までの寒サバと種類によって異なるようです。

マサバは今が旬なんですよ。

関東では、高い時で1匹2、3万円で取引されることもあり、年々漁獲量も減っているため、幻サバと言われるまでになっています。

三陸の冷たい海で育った「金華サバ」是非ご賞味あれ。

IMG_6860 IMG_6878 IMG_6879 IMG_6861

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー