トピックス

金華サバ入荷しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃から市場のみならず、スーパーでも目にするサバですが、いわゆるブランド魚で有名なものが、日本国内でいくつかあります。

地元神奈川県では松輪のサバ、大分県の関サバ、愛媛県の岬サバ、そして今日紹介する宮城県の金華サバです。

金華サバとは、三陸の中でも黒潮と親潮が混ざり合う最も良質な漁場「金華山沖」の豊かな海で獲れたサバを「金華」サバと言い、石巻魚市場を中心に地域ブランド化事業として設けられたものです。

ただ、金華山沖で獲れただけでなく、厳正なブランド基準と買受人の厳しい目で選ばれたサバのみに金華サバという栄えあるブランド魚の称号が与えられるそうです。

金華サバの基準は、旬の大型のマサバです。サバの旬は夏と勝手に思っていましたが、ゴマサバは夏、マサバは晩秋(10月~11月)の秋サバと12月~翌2月頃までの寒サバと種類によって異なるようです。

マサバは今が旬なんですよ。

関東では、高い時で1匹2、3万円で取引されることもあり、年々漁獲量も減っているため、幻サバと言われるまでになっています。

三陸の冷たい海で育った「金華サバ」是非ご賞味あれ。

IMG_6860 IMG_6878 IMG_6879 IMG_6861

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー