トピックス

金魚?ハチジョウアカムツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところアカムツ続いてますが、鮮魚課近海のセリ場でアカムツ発見。

と言ってもノドグロではなく、八丈島でアカムツと言えばこのサカナ、ハチジョウアカムツです。

アップ画像だと金魚と見間違うくらい、朱の色が鮮やかなサカナです。

ハチジョウアカムツはスズキ目フエダイ科ハマダイ属のサカナで、ハマダイ(オナガダイ)と同じ仲間です。

名前の通り、伊豆諸島、小笠原、九州南部、沖縄などに棲息するサカナで、本日入荷しているサカナは小笠原から届いています。

オナガダイ同様に釣りの対象に良し、食用魚にして重要なサカナで、身質は白身で、脂乗りが良いととろけるような味わいと評されます。

取引値は高値で安定、寿司ネタとしては高級ネタに属するそうですが、筆者まだ食べたことないサカナです。

体長50センチを超えるハチジョウアカムツが入荷するのは、普通のことですが、少し捌くのが厄介ですね。

そんな時は市場の仲卸で買ってみたらどうですか?

丸のサカナを買っても、捌けないと思わずに、遠慮なく買う前に捌いてくれるか確認してください。

殆どが二つ返事。そしてプロの包丁捌きで、あっと言う間に三枚におろしてくれますよ。

img_9153 img_9164

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー