トピックス

釣きんきは、プレミアムブランド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬は秋から冬と言われていますが、夏のこの時期にも美味しそうな姿を見せてるキンキ(キチジ)を紹介します。

筆者は個人的に大好きな魚なんですが、旬でない今の時期でも市場での取引値は非常に高く、アカムツ(ノドグロ)と双璧。

いやそれ以上の場合もあります。(産地によって差があります。)

仲卸のお店で買う時、必ず高給取りはよいねと冷やかされるのですが、市場だから買い求められる値段で、デパートの鮮魚売り場では、お財布にいくら用意したらよいのか怖いです。

キンキは、駿河湾以北の太平洋側、噴火湾、オホーツク海、南千島、樺太の水深150~1,200㍍の深場に生息し、鮮やかな赤色の魚体には栄養をたっぷりと蓄積しています。

北海道では鯛が獲れなかったので、昔からお祝い事にキンキが出されていたようです。

真鯛や鰆の倍以上あると言われるキンキの脂ののりは、しつこさがなく、濃厚で食べ易いんです。

漁獲量も昔よりかなり減っているため、稀少性においても最高級白身魚としての地位を確立しています。

発泡スチロールケースに記載されている「釣きんき」は、網走漁協が申請した商標登録(2006年)で、

釣きんきと呼べるのは、登録された第21万泰丸、第36照福丸、第56万泰丸、第58勝喜丸の4隻の船から水揚げされたものに限定されています。

釣きんきは、延縄漁(はえなわりょう)で獲られるため、傷が少なく船上で氷詰めするので鮮度も自慢です。

ウナギもいいですが、暑い夏にきんきはお勧めです。

IMG_7718  IMG_7717 IMG_7719 IMG_7743

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  5. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...

アーカイブ

市場カレンダー