トピックス

釣りのタチウオは美しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とても顔がキレイで、良い形のタチウオを特種課のセリ場で発見しました。

高知県の一本釣りで獲られたモノです。傷一つなくとてもキレイな状態で入荷されています。

タチウオは、夏場が旬だと思っていましたが、1年を通じてそれ程味に変化のない魚だそうです。

と言っても、脂が乗ったタチウオは最高に美味しいです。

名前の由来は、見た目の形から「太刀魚」とついた説と、獲物を獲る際に、何と立ち泳ぎをして襲い掛かる事から「立魚」と呼ばれるようになったという説があります。

タチウオは魚なのですが、尾鰭や腹鰭がなく、そして鱗も無い少し変わった魚です。

身質は、上品な白身魚なんですが、白身魚には珍しくDHAやEPAを豊富に含んでいます。

それは、タチウオがサバの仲間であるからなんです。

栄養価も高く、生臭さをあまり感じません。小骨がないので、子供にも安心して食べてもらえます。

個人的には塩焼きが大好きなんですが、ソテー、ムニエル、ポワレとおしゃれな調理方法が似合いますよ。

高級食材ではありませんが、100%天然の美味しい魚です。どうぞ召し上がれ。

IMG_9661 IMG_9658IMG_9657

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 朝日が眩しい早朝6時。
  2. 春らしい初物が入荷しています、サクラエビです。
  3. 今朝セリ場に行くと、真っ先に鮮魚課五十子社員から「しょらさん鰹」入荷したよと声をかけられました。
  4. 桜の開花と共に、相模湾も活発になって来た事が感じられた本日の追駈け。
  5. かなりいい魚体、そして色艶がイイ魚。

アーカイブ

市場カレンダー