トピックス

釣りのタチウオは美しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とても顔がキレイで、良い形のタチウオを特種課のセリ場で発見しました。

高知県の一本釣りで獲られたモノです。傷一つなくとてもキレイな状態で入荷されています。

タチウオは、夏場が旬だと思っていましたが、1年を通じてそれ程味に変化のない魚だそうです。

と言っても、脂が乗ったタチウオは最高に美味しいです。

名前の由来は、見た目の形から「太刀魚」とついた説と、獲物を獲る際に、何と立ち泳ぎをして襲い掛かる事から「立魚」と呼ばれるようになったという説があります。

タチウオは魚なのですが、尾鰭や腹鰭がなく、そして鱗も無い少し変わった魚です。

身質は、上品な白身魚なんですが、白身魚には珍しくDHAやEPAを豊富に含んでいます。

それは、タチウオがサバの仲間であるからなんです。

栄養価も高く、生臭さをあまり感じません。小骨がないので、子供にも安心して食べてもらえます。

個人的には塩焼きが大好きなんですが、ソテー、ムニエル、ポワレとおしゃれな調理方法が似合いますよ。

高級食材ではありませんが、100%天然の美味しい魚です。どうぞ召し上がれ。

IMG_9661 IMG_9658IMG_9657

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー