トピックス

銀色が輝く天然シシャモは、すべて北海道産。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道厚岸町(あっけしちょう)より天然シシャモが入荷していました。

天然シシャモは北海道産しかございません。しかも北海道でも太平洋側の一部でしか水揚げが無いのです。

今だ詳しい生態が分かっていない「シシャモ」ですが、この時期、産卵のため群れを成すので最漁期を迎えています。

鮮魚入荷はオスが主体。卵持ちのメスは干物になります。

水揚げ地域が限定されている事と漁獲も少ないため、希少価値がとても高い魚です。

仲卸に伺いました。「一昔前は1㌔1000円超えたら売れない」・・・なんて言われていたそうですが、今じゃ3倍以上。

居酒屋でメスの干物を3匹1000円で提供してる。価格は高いけど価値ある魚。上品な香りと程よい脂質は他の魚では味わえない旬の魚との事。

今が旬。天然シシャモはいかがでしょうか。

img_3929img_3926img_3932

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー