トピックス

鋸南町勝山の「叉木のキンメダイ」ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おっと、当社のグループ会社館山丸魚㈱よりキンメダイの出荷がありました。

秋山社員に千葉の何処で水揚げされたキンメダイなのか確認すると、東京湾の入り口「鋸南町勝山」だそうです。

鋸南町勝山漁協で水揚げされるキンメダイは、「叉木のキンメダイ」と呼ばれとても珍重されています。

と言うのも、房総半島の南端に位置する館山市の布良地区の沖合いは、黒潮と親潮がぶつかる好漁場で布良瀬(めらぜ)と呼ばれるそうです。

叉木のキンメダイは、脂ののりが抜群で1年を通して味の落ちることの少ない特別なキンメダイだそうです。

4入れ、5入れで1尾1.0~1.3㎏と少し大きめ、お頭は煮付け、身肉は刺身やしゃぶしゃぶなど様々楽しめますね。

最近少し取引値は落ち着いてきたようですが、キンメダイのお盆明け取引価格は急騰していました。

産地やサイズによって値段はかなり上下し、味の方も全然違うと思います。

ご購入の際は、市場内の仲卸店舗か信頼のおける小売店でお求め下さい。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー