トピックス

鍋の横綱、西のフグ、東のアンコウ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう我慢できません。これだけ寒くなったら、鍋も良いですね。

毎日、セリ場を歩いていて、鮮魚課、特種課、特種相対課で見かけない日がないぐらいの魚、アンコウを紹介します。

アンコウは、「西のフグ(河豚)、東のアンコウ(鮟鱇)」と並び称されている高級魚です。

なぜアンコウのカラダは、あんなにぷよぷよなのか、知っていますか?

言わずと知れた、深海に生息するアンコウは、水圧に耐えられるためにスライムのような体質になっているそうです。

普通の魚は、まな板で捌く事が多いのですが、アンコウは大きな個体とぬめりのあるスライムボディのため、マグロの解体ショーと同様に人気のある「吊るし切り」と呼ばれる方法で捌かれて行きます。

アンコウと言えば、代名詞はあん肝ですよね。

あん肝には食物連鎖の過程で、寄生虫(アニサキス)が入る場合があり、生食にはあまり適さないそうです。

生のあん肝は60℃で1分間以上加熱するか、-20℃以下で24時間以上冷凍することが必要です。

私の先輩がかつて、〆サバを居酒屋で食べた翌日、営業の出先で猛烈な腹部の激痛に襲われて、脂汗を流しながら病院に救急搬送されました。

診断の結果は、線虫の寄生虫アニサキスが胃の壁に突き刺さっていたそうです、怖いですね。正しい調理方法で食べれば心配はいりません。

アンコウは80%を水分が占める低カロリーの魚ですが、あん肝との組み合わせで、最高の鍋に変身です。

毎月第1・第3土曜日に開催されているハマの市場を楽しもう(市場市民開放)の来場者へのサービスで、アンコウ汁を配布することもあるので、要チェックですよ。

IMG_7735 IMG_8272 IMG_8172 IMG_8271

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー