トピックス

鍛冶屋殺しのイサキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、久々様々な魚たちが入荷しています。

丸魚グループの館山丸魚(株)からは、イサキが出荷されています。

イサキは背びれの刺が鶏の鶏冠の形に似ていることから「鶏魚」と書かれることもあります。

本州中部以南、太平洋側では、千葉県辺りを北限とし南シナ海までの海藻の多い岩礁域に棲む沿岸魚です。

イサキの骨は硬く鋭く、喉に刺さると痛くて命とりにもなり兼ねない代物です。また、堅い骨は鍛冶屋でも難儀するとして、和歌山では「鍛冶屋殺し」とも呼ばれています。

2010年全国イサキ生産量ランキングによると、長崎県の水揚げ量が最も多く、835tで全体の21.8%を占めます。次いで山口、福岡、そして当地神奈川県が4位で307tシェア8%です。

1年中獲れる魚ですが、旬は産卵前の5月から7月頃までの初夏だそうです。産卵後は脂の乗りが悪いそうですが、今度買ってみたいと思います。

煮付けや焼き魚は既に試してみたので、ちょっとオシャレにカルパッチョなんて試してみたいと思います。

IMG_8498 IMG_8516 IMG_8500 IMG_8470

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー