トピックス

関東ではワカシ、関西ではツバス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の追っ駆け、魚夏(ワカシ)が大量入荷しました。

ワカシは以前紹介したので、別の話題と思いワカシと言うワードで検索していると、料理レシピにツバスと言う見慣れない名前を発見。

魚ではよくある地域によって呼び名が違うものでした。ツバスは主に関西圏の地域で使われる名前で、兵庫県の瀬戸内海側ではワカナとも呼ばれているようです。

ワカシは、若魚の程よい脂の乗り具合と旨味、身の臭みもなく清涼感のある味わいが魅力です。

コリコリとした口触り、食感を楽しめる魚です。

営業一部、源波部長も言ってましたが、居酒屋や家庭にブリ、ハマチの姿盛りはキツイが(量、大きさ等)ワカシの姿盛り、絵になりますよね。

IMG_0119 IMG_0122IMG_0123 IMG_0126

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー