トピックス

隠し玉!? 『あなただけに特別ですよ・・・』は、セリ人達の必殺技。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「処暑(しょしょ)」が過ぎれば、暑さが和らぐ・・・なんて言いますが、いかがお過ごしでしょうか。

おとめ座が始まる本日、冷凍課セリ場で魅力的な一言。

 

「フグ太郎君。イイものあるよ。」

声を掛けてくれたのは、海老チームの期待の若手・関田社員。

 

「見本台に出していない商品・・・なにがでてくるのか!?」と、ワクワクしていると・・・

!?

お弁当箱を連想させるパッケージ。

中には・・・

 

なが~い手が特徴的な『スキャンピー』がお目見え。

『スキャンピー』は、魚市場での愛称。

標準和名は『ヨーロッパアカザエビ』

植物の「藜(あかざ)」の若葉の色に由来するからアカザエビとの事。

工藤セリ人いわく、ニュージーランド産は赤色が強く、本日入荷のオランダ産は、国産品の色目(オレンジ色)に近いとの事。

愛知県産

近海生鮮は9月中旬から入荷が始まり。価格は1キロ1万円はする高級海老のアカザエビ。

比較的流通量が多い、ニュージーランド産でも生鮮品と変わらない価格。

 

・・・さぞかし、お高いのでしょう・・・

ところがどっこい!

関田社員いわく、マルハニチロさんから特別に仕入れた「スポット商材」との事。

数量が限られた商品だったり、期間限定だったり、定番商材ではない商品の事をスポット商品と言いますが、

魚市場流にいうと・・・『隠し玉』なんですね。

通常商品ではない「隠し玉」を、「あなただけに特別ですよ~」なんて言われて出された時には・・・

 

関田社員恐るべし・・・

オランダ産スキャンピーおススメですよ~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー