トピックス

集荷力には、ちょっと自信があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良いノドグロ(アカムツ)でしょ、銚子港のマルシン水産から出荷されたものです。

既に相模原市場の山石水産さんの札が入っており、販売済みです。

そしてその近くでニヤニヤしてる社員が作業をしてます。当社2年目の鮮魚課北海チーム太田社員、今月に入って2度目のノドグロ販売です。

いくらで売ったのと聞いたら、一人前の市場人らしく手槍で返答。

その姿も、ちょっと成長し自信を持った感じです。

市場取引値はちょっと正確には言えませんが、キロ当たり1樋口一葉以上1福沢諭吉以下です。

こんな良いサカナを食べれる人は、本当に羨ましいです。

このノドグロに対抗できるのは、鮮魚課関西チームの五十子社員。

セリ場を探したら、見つけました。やっぱり期待を裏切らないサカナがいました。

和歌山県那智勝浦のアーリーバーズ中筋水産より、ノドグロが出荷されています。

取引値は、偶然太田社員が販売したモノと同じ金額でした。

改めてノドグロは高級魚であることを再認識した瞬間です。

同じサカナでも、今日のノドグロのように西の和歌山、東の千葉など日本中から荷物が集めることができます。

これは鮮魚だけでなく、塩干品、加工品、練製品なども同様です。

当社の集荷力は、他社とちょっと違いますよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週は、どんな珍客が市場にやってきたのでしょうか?まず1番手は、板マスです。
  2. 先日、仲卸㈱ムラマツの店先であるサカナの色に驚かされました。
  3. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  4. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  5. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。

アーカイブ

市場カレンダー