トピックス

雛祭りでなぜ蛤(ハマグリ)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祝いの席や、雛祭りにハマグリの吸い物は付きものですが、なぜなんでしょうか?

疑問に思ったので、少し調べてみました。

昔から2枚貝は、「姫様」(女の子)を意味していたそうで、特にハマグリは他の貝と違って、貝殻がもともとの対でないと絶対にかみ合わないことから、「女の美徳や幸せ」につながるとされたのです。

この事から、「ハマグリ」は「夫婦和合」の象徴とされ、結婚式にも縁起物として出されています。

昔、江戸では「嫁入り道具」として使われており、「貝桶」と呼ばれて真っ先に新郎の家に運び込まれたそうです。

そして、この「貝桶」には1年分(360個=1日暦1年の日数)のハマグリを入れてあり、通年の「夫婦和合」を祈ったと言われています。

このような事から、雛祭りにハマグリを食べる習慣ができたと考えられます。この頃から、貝類も美味しくなる時期です。

昔の日本の習わしですが、ハマグリがとても美味しい旬の時期です。アサリから少しアップグレードしますが、是非食べて下さい。

IMG_8963 IMG_9140 IMG_9558貝桶

関連記事

ピックアップ記事

  1. 雪がチラチラ。今日の横浜中央卸売市場。冷凍セリ場に目新しい商材が入荷。
  2. 徐々に入荷量が多くなってきましたよ、クリオネ。
  3. 富山県よりとてもユニークな顔をしたサカナが入荷してきました、ウマズラハギです。
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー