トピックス

青くないけど赤サバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県より多量の赤サバ(ハチビキ)が入荷しています。
市場には赤い魚が沢山入荷してきますが、その中でも群を抜く赤さ、真っ赤です。

正式名は、ハチビキ、漢字で書くと「葉血引」と表し、赤サバと関東で呼ばれたりしていますが、スズキ目ハチビキ科の魚なのでサバとは全く別モノです。

ハチビキは、その名の通り身肉は赤くマグロの赤身のようです。
血のように濃い赤身の外見から流通の場では多少敬遠されがちになっているようですが、良型になると脂がのり美味しく頂けるそうです。

今日写真に撮ったハチビキは体長45センチくらい、細長い紡錘型で、魚らしい魚です。
ハチビキは鮮度が良ければ刺身がお勧め。刺し盛りにハチビキの赤がアクセントとなり色彩豊かにすること間違いなしです。

大きいモノは、脂がのっているので塩焼きもいいそうですが、小さめのモノは、水分がやや少なくパサつくようだとネットにありましたのでバターなどでソテーやムニエルなんて美味しくいけるそうです。

味噌との相性がよいとのこと、頭は大きく、目の周りにはコラーゲンたっぷり、良い出汁がでそうですよ。アラ汁なんてどうですか?

IMG_2031 IMG_2073 IMG_2049

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー