トピックス

青森県からイニシャルHなカニが登場、ヒラツメガニです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週になって青森県より、Hなカニが入荷してます。

標準和名ヒラツメガニといいますが、発泡のケースに記載されている丸ガニで市場では認知されているようです。

地方によって様々な呼び名があるように、北海道から九州、台湾、韓国、中国と広く生息します。

そして本来は、市場に出荷されず産地で消費されてしまう丸ガニだからこそ、各産地で親しみのある呼び易い名前が数多くあるんだと思います。

丸ガニは、脚が10本ある十脚目、そして見ての通り第5脚が遊泳脚となっているガザミ=ワタリガニ科の仲間なんです。

見た目カチコチに堅く見えますが、触ってみると柔らかで手で潰すことも出来ます。

脚にはほとんど身がなく、甲羅の中にあるカニ味噌と身肉を楽しんで欲しいですね。

小さいカニなので、一人で3~5杯はいけちゃいますね。

具体的なレシピは、ワタリガニにかなり被りますね。

カニ味噌が美味で、特に東日本の産地ではぶつ切りしたモノを味噌汁や鍋料理に用います。

パスタの具に使うと、高級感が出ると思います。

秋から翌年春頃が旬となりますが、今は走りの新物です。

モノは試しで、仲卸店舗を探して食べてみたいと思います。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー