トピックス

飛んで火にいるズワイガニ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。

遥々、北海道は噴火湾よりやってきた赤い奴=ズワイガニです。

むっむっ、ちょっとシーズンインにしては早過ぎかな。

ネットでズワイガニの漁期を調べてみると、新潟県以北の海域は雌雄ともに10月1日~翌年5月末まで。

富山県以西の海域では、雌ガニの漁期は11月6日~翌年1月10日、雄カニの漁期は11月6日~翌年3月20日とされているそうです。

ではなぜ横浜の市場にその姿があるのか?

営業一部渡部次長に疑問を投げかけたら・・・・・、カキ~ン、物凄い答えを打ち返してもらいました。

今の時期、噴火湾はボタンエビ秋漁の真っただ中(9~11月)。

ボタンエビを獲るために仕掛けたエビカゴに、たまたまズワイガニがかかってしまったのではないかとのことです。

飛んで火にいる夏の虫、ズワイガニにとってはアンラッキーですが、ズワイガニの生息域が水深200~600㍍、ボタンエビが水深100~400㍍で被る水域にいるので意図せずに獲れてしまっても仕方がないですね。

暫くすると、セイコガニにも会えますね。

手間ですが、今年も炊き込みご飯挑戦します。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー