トピックス

食べてみて語りたいオナガの良さ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、1月8日は、平成スタートの日なんですよ。早いもので、平成と言う元号も28年目に突入しました。

そして「一か八かの勝負」から勝負事の日。実は、毎日良い食材に出会えるのか、運を天に任せてセリ場に向かっています。

今日は当たりの日、沢山の食材に出会えました。沖縄から、1メートル近いオナガ(ハマダイ)が入荷しています。

横浜魚市場卸協同組合の魚市場コラムを担当している(有)金一坪倉商店の社長も、このオナガに興味を持たれていたので、必ずこの魚を掲載していると思います。

この魚の旬は、秋から春で、ある程度大きいものの方が味が良いようです。この頃のオナガは、脂が乗り、絶品。一度食べる価値のある魚だと思います。

ネットで値段を調べたら3000円/kgぐらいが相場のようです。だいたい金目鯛と同じくらいの値段ですかね。

どんな味の魚なのか?身質は同じように赤が印象的なハチビキ(アカサバ)が赤い色目であるのに対して、淡いピンク色をした正真正銘の白身の魚です。

鱗がシッカリして堅いようですが、1キロぐらいのオナガであれば、普通に捌けそうな気がします。

3枚に処理して下身は皮つきで刺身、上身はポワレ、そして頭や中骨などのアラは炊いて食べてみたいな。

明日、1メートルは無理だから、手ごろなサイズを仲卸店舗で見つけてみたいと思います。

IMG_7654 IMG_7653 IMG_7709

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー