トピックス

食感が最高ですよ、汐っ子(カンパチ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

館山丸魚(株)より大量のカンパチの幼魚汐っ子(ショッコ)が入荷です。

成魚は全長1メートル前後です。最大で全長190センチ、体重80.6キロの記録があり、アジ科の中ではヒラマサに次ぐ大型種です。

今日入荷したサイズは35~40センチです。カンパチの成長に適した水温は、摂氏20~30℃で、15℃以下や32℃以上では成長が抑制され、13℃以下で死んでしまうそうです。

日本近海の個体群は、春から夏に日本列島を北上し、初冬から春にかけて南下する季節的な回遊を行う魚です。

現在の館山周辺海域の海水温は、昨年に比べて2~3℃くらい高め。地球が少しおかしいですね。

旬は小ぶりのものは秋、大型は秋から冬です。何かとブリと比較されることが多い魚ですが、ブリよりも高価な高級魚です。(養殖でも天然でもカンパチの方が高値で取引されています。)

鱗は細かく取りにくいので、鱗取りでシッカリ丁寧に取り除いて下さい。残っているとかなりキツイです。

身に包丁を入れると、ほどよい硬さがあるため、とても気持ちが良いです。すなわち、食感が最高なんです。

美味しい食べ方ですが、刺身が最高ですが、煮付け、塩焼きにしても良いです。

脂の乗りが魚自身にあるため、油を使った料理は今いちなのか、あまり多く紹介されていないみたいです。

IMG_7784 IMG_7787 IMG_7788IMG_7786

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 昨日、一昨日と寒い日が続き、桜の花も開花の時期を焦らされています。
  2. 「煮魚の王」としてテレビで紹介された魚、様々なサイズ入荷しています。
  3. 連日の追駈け入荷!!本日は「人気No1」アジが続伸。
  4. 「いやぁ~よく水揚げできたねぇ~」4月を目前に、みぞれが混じる冷たい雨と...
  5. どうしちゃったんでしょう?真冬に逆戻りしたような気候です。

アーカイブ

市場カレンダー