トピックス

食感抜群!真鱈ほっぺ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚嫌いな人や小さな子供でも、何の抵抗もなく食べれる食材を紹介します、真鱈ほっぺです。

北海道稚内の㈱うろこ市の商品ですが、今までセリ場に色々な商品が並べられて見てきましたが、他に類似する商品もなく、㈱うろこ市だけの商品です。

ほっぺは1匹の真鱈か2個しか取れない貴重な部位です。

ホタテのような食感と肉厚繊維で美味しいと言われていますが、実際に仲卸伊勢勝で購入して食べてみました。

家に持ち帰り筆者の御上(妻)からは、なにこれと訝しげな表情。

真鱈のほっぺと説明すると、へーそうなんだと・・・・。

どうやって食べると家族の意見を集約、フライかソテーが良いとレシピの受け売り。

量を食べるなら、そして子供受けが良いのはフライなので優先順位がすぐ決まる我が家。

我が家の御上からは、魚臭くないの?と言われのないクレーム。白身魚で新鮮、魚臭さを微塵も感じませんが、御上の指示に従い牛乳に漬けて臭味取り。

案外身が薄いモノもあり、つなぎで2枚重ねにして外見ホタテのフライ風に出来上がり。

食べてみた感想は、マックのフィレオフィッシュみたいな白身フライを想像していたのですが、しっかりした食感に驚きです。

ホタテと言っても、大きく道を外してはいないようですが、味は淡泊で、サカナと言わなければ子供は分からず食べちゃうでしょうね。

我が家では好評でしたが、真鱈ほっぺは低カロリーでヘルシーな食材。そして懐にも優しいですよ。

一度ご賞味あれ。

img_8900 img_9358 img_9359 img_2305 img_2306

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー