トピックス

養殖は天然を超えて良いものか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月30日(土)の丑の日を前に、ようやく暑くなりそうな天気予報が発表され、丑の日商戦もいよいよ本番直前。

もしかしたら、今日梅雨明けか?と言う情報がチラホラ。

セリ場で真っ先に声を掛けてくれた石川係長の売り場にありました。福岡県西日本冷食の話題沸騰中商品「筑紫(ちくし)金うなぎ」

「養殖は天然を超えて良いものか?」・・・インパクトがあるキャッチコピーを裏付ける、シャコを餌に混ぜた養殖ウナギ原料を一本ずつ備長炭で焼き上げた商品。

丑の日だけではなく、普段も食べたい一品。

福岡県産 養殖活ウナギ

養殖活うなぎを使った加工商品↓

IMG_2435

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー