トピックス

養殖鯛と活魚水槽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、どちらが養殖鯛かわかりますか?

IMG_2370 IMG_2371

 

 

正解は、左の鯛が、養殖鯛です。

鼻孔(鼻の穴)の数が1つに繋がっているか、はっきりしないものは養殖鯛です。

 

水槽に入っている鯛は、活かすため様々な工夫がされています。

特に、酸素補給・濾過装置・水温制御の3点は重要です。今日の鯛が入っている水槽温度は15.6℃でした。

また、鯛は輸送中や水槽内でスレ傷を防止するため特殊な専用ケースに入れ保管されています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー