トピックス

首折れは関東で人気がないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良いイサキが全国から出荷されています。

愛媛、山口、福岡、サイズも様々、魚の入数6入れ、7入れ、16入れ、18入れ、19入れとバリエーションも豊かです。

そして赤い血はちょっと言う人には少し刺激的な映像が・・・・・・。

サカナの鮮度を保ち、美味しく食べてもらうために、活け締めされた状態で出荷されています。

その中に少し首の曲がったイサキが入荷しています。

首折れイサキ?鹿児島県屋久島では、水揚げされたゴマサバを鮮度を保つため、サバの首を折って持ち帰る「首折れサバ」は有名ですが、活け締めの方法として「首折れ」が確立しているんですね。

鮮魚課安達社員に詳しい話を聞いてみました。

首折れは、当市場をはじめ関東では不人気だそうです。

その理由は、見た目にあるようです。

首折れは、相撲の決まり手「鯖折り」のように頭と背中が着いてしまう勢いの形状。

サイズの大きいモノは主に刺身等に使用するため、頭はバッサリ切り落としてしまうので活け締めであろうと、首折れであろうとあまり問題になりません。

しかし、イサキの定番料理「塩焼き」などの焼き魚にした場合、お頭がぽろっと取れてしまうと格好が悪いですよね。

料理の用途によって選べばれるサカナたち、どんなニーズにも対応できる品揃え。

当社の集荷力はセールスポイントの1つです。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー