トピックス

香りを食す、天然メバチマグロ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「塩釜東沖」のメバチマグロの入荷が続いております。

前回ブログに書いた通り、この時期の塩釜より入荷するメバチマグロは、

この時期ならではの「旬のメバチマグロ」ではないでしょうか。

仲卸に伺ったところ、よく見るポイントは『香り』とのこと。

延縄船は出港して平均して27日位の操業で帰港します。

漁が悪い時は30日を超える事もあり、マグロの備蓄に必要な清水や氷にも影響が出始めます。

また、匂いが強い魚種が混獲されると、血水から匂いが移ってしまう事もあるそうです。

生鮮マグロは刺身を中心とした、生食用のため『香り』は非常に重要になってくるとの事。

競り前の下付けを行う時に、腹部や、尾を中心に匂いを十分に確認します。

img_3517img_3518

この時期に入荷する、『塩釜東沖』のメバチマグロは、芳醇な天然マグロの香りが楽しめる、旬のマグロです。

img_3515 img_3513

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー