トピックス

魚にストローを挿して『いただきます』!? 桁違いの美味さはブーム到来か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・

中華街のタピオカブームの次はコレだ!!

謎の魚にストローを挿した正体は・・・

こちら↓

まるで、富士山のような形をした『フジツボ』入荷です。

フジツボは貝のような硬い殻を持ちますが、エビ・カニと同じ甲殻類の仲間。

生まれたてのフジツボは定住を求め大海原にさまよい、決まった場所が決まると、固着物質を出し定着します。

その生涯を同じ場所で過ごす・・・甲殻類としては珍しい生態ですね。

さて、肝心のお味は??

レッツチャレンジです。

活きたフジツボを水道水でよく洗って・・・

お鍋にドボン。

仲卸さんいわく、甲殻類は「茹でる」と甘味が出るとの事。

茹で上がったフジツボの爪のように尖った部分(頭部)を掴んで・・・

引っこ抜くと・・・

出てきた。出てきたぁ~!

頭部の殻を外すと・・・可食部がお目見え。

一口で頬張れば・・・濃厚な旨味が広がります。

カニと例える人がいれば、甘エビと例える人がいたり・・・甲殻類の旨味とやわらかい食感が新しい食の扉を開けてくれることは間違いなし

そして・・・ここからがフジツボのお楽しみ。

殻の中に残った濃厚なエキス。

これを・・・ストローで啜れば・・・

「フジツボドリンク完成」

やみつき間違いなし。

今が旬!フジツボおススメですよ~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー