トピックス

魚は調べてみると、本当におもしろい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、海が時化で鎌倉、平塚共に漁がなく残念ながら追っ駆けがありませんでした。

そんな中、今日はアオダイを紹介したいと思います。

タイと言ってもタイ科ではなく、フエダイ科アオダイ属に属する魚で、所謂「あやかりタイ」の1つですね。

今、市場に入荷されて来ているのは、小笠原諸島のものが多く、東京の魚と言うことになるんですね。

見た目はイサキにも似た顔つき、しかし同じ小笠原から入荷しているウメイロが、魚体こそ違えど瓜ふたつ。

早速スマホで調べたら、同じフエダイ科アオダイ属で似ているのも当然でした。アオダイは流通量が少ない高級魚で、身質は白身で脂の乗りは、過ぎない程度(クドくない)。

本家タイに引けを取らない味だそうです。鮮度が良ければ刺身がお勧め、クセがないので和洋中どんな料理にも使える素材です。

因みに、ウメイロもアオダイと同様どんな料理にも使える万能素材です。

IMG_5370 IMG_5491 IMG_5379 IMG_5334


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー